忍者ブログ
476 475 474 473 472 471 470 469 468 467 466
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


昨晩のタモリ倶楽部は
満腹アート展覧会 どの絵が一番美味しいか?
世界の巨匠が描く食べ物の絵の傑作
というのをやっていて、食べ物の静物画を見ながら
笑いながらもふと思い出した光景が。

先日の冬休みに出かけた松本。
いつものように「日本料理 温石」と「tadokorogaro」(ギャラリー)を営んでいる
友人夫妻のところにお世話になりました。
ギャラリーの窓から見えたのは、枯れた蔓や軒下に吊るされている玉葱や大蒜。
温石の窓から見えたのは、冬の枝。そしてそれに止まる鳥。
自宅の窓から見えたのは、干し柿と大根。
しばし心が静かになったり、暖かくなったり。
絵は描けませんが、写真ではなくて「絵に描いてみたいな」と思う光景でした。
一年振りに会う友人の子供は喋りが上手になってきていて本当に可愛かった。
せっかく松本まで出かけたのですが
話したいことがたくさんあって、ほとんど外に出かけずに
ご飯をたべているかしゃべっているか(子供と遊んでいるか)で過ごしました。

唯一
お土産を選びに行った「開運堂」と飴屋さん二件(おいしい!)。
それから新しく出来たんだよ、とラボラトリオというカフェと
matkaというカフェに連れて行ってもらいました。
ラボラトリオというカフェができる経緯を雑誌で読んだり
友達から聞いたりしたのですが、こちらもとてもドラマチックでした。
matkaのご夫婦の奥さまは、なんと盛岡のご出身で
cartaにもご来店いただいたことがあるとのことでした。嬉しかったです。
てくりのバックナンバーが置いてあり、子供が6号の中の相棒を指差して
小さな声で「ダンナサーン」「ダンナさーん」と指さすのがたまらなく楽しかったです。
(相棒は友達の間では「ダンナ」と呼ばれているので)
自分は、というとそこに置いてあったムーミンの絵本を読んでひとりじーんとして
しまいました。
そんなタイミングだったのでしょう。
涙ぐんだ自分の顔を見て子供が「えんえんしてる」と心配そうに顔を覗き込むので
笑ってしまいました。

ということで、てくり編集部のみなさま
てくりの読めるカフェが松本にありましたよー。

松本というとクラフトフェアの時に行かないと!と思ってしまいますが
冬の松本もとてもオススメです。
盛岡みたいに寒いですが、晴れた日に、遠くに白い北アルプスを臨める景色は
最高です。
そして「日本料理 温石」でぜひぜひお食事を。
自分たちが説明したり褒めたりしてもいいですが、まず行かれてみてください。
あ、予約制ですのであらかじめご予約を。


PR
お知らせ

<店舗案内>
喫茶carta
〒020-0023
盛岡市内丸16-16
(県民会館裏手)
MAP
019-651-5375
定休日 毎週水曜と最終火曜
営業時間 11:00~20:00
駐車場なし
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ご感想はコチラから
ブログ内検索
アクセス解析
≪BACK HOME NEXT≫
忍者ブログ [PR]