忍者ブログ
314 313 312 311 310 309 308 307 306 305 304
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




店の近く、中津川沿いの大銀杏は見ごろをむかえているのですが
今日は冷たい雨が降っています。
明日からはいよいよ天気予報にも雪マーク。
しかも気温もぐっと低くなる模様。
去年みたいにドッサリ落葉しないといいなと思っているところです。

雪予報の後、いろんな人から「今年は凍らすべからず」とご忠告が。
帰ったら必ず水道の水抜き方法の復習をします。

ところで、昨晩は盛岡での生活を終えて東京へ戻る夫婦の送別会をしました。
店のオープンと同じ時期に盛岡へ赴任してきた新聞記者のSさん。
cartaを一番最初に取材してくれたのがSさんでした。
Sさんはその前に何度か店に足を運んでくださっていて
とくに話をするわけでもないのですが、やさしげな佇まいが
とても印象に残る男性でした。
同じ頃、背の高いKさんという女性もよく来店されるようになりました。
名前を知ったのは領収書に苗字を書き込んだからです。
Kさんは席でいつも何か書いていて、潔い空気をまとっていて
まっすぐ目を見て「ありがとう」と言ってくれるのが印象的でした。
Sさん、Kさん、それぞれがどこに座ったか、今でも記憶しています。

取材後、しばらくしてからSさんと少し話すことができました。
どうやら奥さまは東京で「書く仕事」をしていて、月に数日だけ
盛岡に滞在しているとのこと。
お名前をお聞きすると(とても聞きたくなった)
Yといいます、ちょっとおもしろい漢字の、と返ってきました。
教えてもらった漢字をぼんやり思い浮かべたら、シナプスがひとつ
またひとつ、ゆっくり繋がり、「あ!」「え?」と奥さまの名前と本が
同時に頭に浮かんできました。

とても寒い冬のある夜。
(今日はもう書くことも尽きた、という感じの)Kさんを閉店間近に
迎えに来た人がいました。
慌てて駆け込んできたその人は前述のSさんにとても似ていました。
でもその時のSさん似の人はあまりに慌てて駆け込んできたので
Sさんにとても似ているけれど、自分たちの知っている「Sさん」ではない
別人だ、という見解でした。

後日、取材の記事の載った新聞を届けにSさんが店に来てくれたとき
傍らにKさんがご一緒でした。
あれ?このお二人はお知り合いだったの?え、もしかして夫婦?
Sさんの奥さまのおもしろい漢字のYさんって、Kさん!
Y=K!
ああ、領収書にいつも書いていた苗字Kは彼女の仕事の時の苗字。
そして一瞬とはいえ、二人一緒のところを自分の店で見ていたのに
あのときは「Sさん似の別人」と思い込んでいたので
全然気づきませんでした。

「Sさん似」の人はSさん本人でした。
S'=S!
またもやシナプスがひとつずつ繋がり、Yさんの顔情報が追加され…。

というわけで
1つのテーブルで向かい合っている二人を初めて見たとき
自分たちの店で起こったひとつのドラマ?が完結したような気分でした。

それ以来仲良くしてもらっています。
盛岡での飲み友達が少なくなってしまうのは正直かなりさみしいのですが
今まで離れて暮らしていたのだから、よかったなあと思います。

ちなみに送別会はSさんの出身地である広島のお好み焼きを
教えてもらいながらみんなで焼きました。
次にS夫妻に会うときまでには、みんな上手に焼けるようになって
いるはずです。
PR
お知らせ

<店舗案内>
喫茶carta
〒020-0023
盛岡市内丸16-16
(県民会館裏手)
MAP
019-651-5375
定休日 毎週水曜と最終火曜
営業時間 11:00~20:00
駐車場なし
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ご感想はコチラから
ブログ内検索
アクセス解析
≪BACK HOME NEXT≫
忍者ブログ [PR]